はんぴき

明日から本気出す(出さない)

難しい中古車選び | ネイキッドくん・ミラジーノ先輩

f:id:honey7n:20151130110517j:plain

今日は、ネイキッドやミラジーノの在庫がある中古車屋を、一日かけて巡りに巡ってきました。

状態の良いネイキッドを置いている店は少々遠い距離だったので、状態はともかくとしてネイキッドを置いているお店に寄ったり、気になっていた走行距離の少ない後期型ミラジーノを見たり…。

走らせてくれない中古車屋

いくら状態が良いと営業に言われたところで、中古車を買うときは試乗(私は出来ないので父が)はしないと満足して購入は出来ません。ミラジーノを置いていたとあるお店に、この条件を伝えると「中古車の試乗は基本的にしていない」と言うのです。あらまぁ…。

走れないなら検討すら出来ない。そう伝えると「じゃあ新車なんてどうですか?」と。このお店は新車ディーラーが運営している中古車屋なので、新車は目と鼻の先にゴロゴロとあるのだ。

「女性で初心者だし、万が一の時のためにレーダーブレーキがありますよ…。」

ありがたいけど、その推しはちょっとお財布的にキツいっす。

粘りすぎる中古車屋

数軒回るも、どれもイマイチ。そろそろ帰ろうかという時、帰り道に比較的大きい中古車チェーン店があったので、ふらっと寄ることに。

車から降りると同時に「今日はどのようなお車をお探しですか!?」と質問が飛んできたので、ネイキッドとミラジーノと伝える。ネイキッドは無いが、ミラジーノなら数台あるということだったので案内してもらうことに。

在庫にあったのは全て前期型。デザイン的には前期のほうが好みだったので嬉しかった。その中の一台は、走行距離が5万キロ弱で本体価格39マソ。外装・内装共にキレイで、変なニオイもしなかった。

このお店は「敷地内のみですが、ぜひ試乗してください!」とのことだったので、とりあえず乗ってみることに。まぁ少し古い車だし、多少の振動はご愛敬レベル。結構魅力的な車だったので、簡単に見積もりを取ってもらった。

結果「総額63でいかがですか?」とのこと。

正直、この車種は年数が年数で、他の中古車屋を見たら総額45くらいはザラ。いくら保証がついていて万が一の時も安心と言われても、万が一が無ければそれまでだし…。とケチ全開で食って掛かる親子。第一、予算は50前後だし。

「ちょっと待っててくださいね!」と営業さん。

言われた通りちょっと待っていると、後期型ネイキッドと系列店のミラジーノの在庫表を見せてくれた。

ネイキッドを覚えてくれていたのは嬉しいが、後期型は角目になってしまう。私は前期の丸目にしか興味がないので、必然的にミラジーノのみで話が進む。

「他店ですが、’00年ミニライト仕様の在庫がございます!」

本体30、しかしやはり総額は先程とほとんど変わらず。粘るドケチ、というよりたまたま寄っただけでここで決めるなんて毛頭考えてないドケチ。

しかしそんなドケチの心情を知らない営業さん、いっぱい提案してくれる。清掃サービスを省いて、サービス一杯の保証を必要最低限の保証に削ったり、いろいろドケチ仕様に変えて提案してくれる。

ついには「では、今ここで決めてくれたらご予算に合わせます!」とまで言ってくれる営業さん。

入店してから、すでに1時間半は経とうとしている。お互いにすり減っているのはもう分かっていた。

…たくさん提案してもらって嬉しかったが、ネイキッドとも迷っている状態なので今すぐは決められない。何よりこれ以上ドケチに営業さんの時間を使うのはもったいないので、こういう車両があったという情報を持ち帰ることにした。

疲れた末に一言

ああ、長かった。夕食後、日課となりつつある中古車サイトを巡るドケチ親子。

が、禁断の一言が父の口から飛び出した。

 

「…古い車やめないか?」

 

今までの苦労は何だったんだよー!!(´;ω;`)

 

父は嫌になると全てが嫌になる性格。今回もそれが適用されるハメになってしまった。

さらには「アルトのVPならどうだ」とか「俺の車(MRワゴン)やるよ」とか。そういうことじゃないんだ、そういうことじゃ…。

どうなる、私の車選び(泣)