読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はんぴき

明日から本気出す(出さない)

MT教習 | 修了検定

f:id:honey7n:20160206204245j:plain

いざ修了検定へ。

このところ朝一で教習の予約が入っていることがほとんど。おかげで夜行性だった生活リズムが整いつつあります。不本意だけど。

修了検定  技能

教室で長ったらしい説明を一通り聞き終え、構内中央の待合所で自分の番を待つ。

ところが私はBグループの5人中4人目でそれなりに待ち時間も多かった。

「教官って凄いな…」

検定の公正を図るため、3人目の人が運転する検定車に同乗。当たり前だが、他の教習生が運転する車に乗るのは初めて。

いざ発進。

ブォオオオン!ブォオン、ブォオオン!という豪快な吹かしから始まった検定(人のことが言えないが)。1速から2速へ入れる際に低速で行ったためにガッとなったり、ウインカーの出し忘れだったり(人のこと言えn)。

正直、乗っていて力が入っていた。だって怖いんだもん…。

しかし怖い怖いなんて言っていられない。この時に走行コースをある程度頭に入れておいたほうが気持ちが楽だし…。

坂道発進やクランクを無事にこなし、3人目の人の検定は終了。

いつも通り走ろう

緊張しいの私だが、不思議とそんなに緊張せず乗車。検定員も優しかったし。

先程の同乗で力が入るような体験をしたので…w、余裕を持ったなめらかな運転を心がけることに。

ならし運転で半周走った後、検定コースの走行へ。

直線では50キロを出し、右左折や障害物を避けるときは後方の目視。坂道発進、踏切は止まれ見よ聞け…クランクを無事に通り抜けて…。

3人目の検定に同乗したときには「意外とコース長いなあ」と思っていたが、自分の番になればあっという間に時間が過ぎる。

コース走行が終わり、検定員のアドバイスを受ける。右左折の多い地点で、巻き込み確認の目視をやらなかったらしい。その他細かい注意点を言われたが「まぁ大丈夫でしょうね~」とのことだった。

後部座席、アゲイン(白目)

公正を図るための同乗、二回目は宿命である。

この方、ちょっとイカつい外見だったのでメリハリのある運転でもするのかなあと想像していたのだが、結構ゆ~っくりと走る。障害物を避けたらそこで減速しながら後方確認したり…。

坂道発進で一回エンストしちゃったけど、下がることなく再チャレンジしていた。ただ見ているだけの私だが、無事に発進していたのでほっとした。

技能 結果発表

検定員にも言われていたように、無事技能は合格。

だが不合格者も2人ほど居て、補修教習をすぐに出来るように職員が超スピードで手配していた。

学科 結果発表

f:id:honey7n:20151127135226j:plain

学科も無事に合格。先行学科も受けたし、晴れて仮免交付…と行きたいところだが、あいにく土曜日で交通センターが閉まっているため来週以降の受け渡しとなってしまった。

ついに二段階へ

仮免を手にし…てないが、手にすることが決まった。となれば次は二段階。教習は路上へ舞台を変える。あー怖すぎ。

よりによって、初めての路上教習は20時スタートという悪魔スケジュールを組まれたので、担当を恨みたいと思います(呪)

…方向オンチの私は今から自主経路が心配でたまりません。