はんぴき

明日から本気出す(出さない)

人間関係は切るものだ(ぼっち談)

f:id:honey7n:20160129223554j:plainぱくたそ愛してる

えー、お恥ずかしながら1年以上ぼっち生活を楽しんでいる私です。

そんなぼっちにも、かつては友人がいたものです。

しかしながら、悪い癖で切ってしまいました。もう”性”なので開き直ってますけど。無理して友達ごっこするのは精神的に耐えられないし。

アダルトチルドレンで片づけていいのか

以前にアダルトチルドレンについて書いた記事を投稿していますが、いろいろ調べているうちに私もその一人であると判明しています(自己診断で構わないので)。

調べていると、人間関係を切るのはアダルトチルドレンの典型的な症状と書いてあった記憶があります。まぁ多分そう書いてありました。

だからといって「私はアダルトチルドレンだから、人間関係を切っても不思議じゃないのよ」と言うのは違うと思います。こんな人なら最初から友達なんて出来ないです。

このやっかいなクセを改善したい理由は、切った私が不快な思いをしているからです。切られた相手からしたら「自分勝手だな!」と怒られてしまうかもしれませんが。

ぼっち楽しいけどね

そうは言っても、別に友達が欲しくて欲しくてたまらないというわけではありません。基本的に一人が好きだし、群れるのは気に入らない。典型的な女子の傷のなめ合いなんて…もってのほかです。

そんなドアホでも、一人で生きるのは無理です。誰かに相談したい時だってあるし、誰かとバカやりたい時も年に一回くらいあります。非常に自分勝手ですが。

そういう気持ちにさせる要因の一つにSNSがあります。スマホは人々の人間関係をよくも悪くもさせる便利な道具なのです。

女子のSNSは面倒だ

例えばTwitter。共通の友人A子、B子、C子をフォローしているとします。

A子「今日はB子とC子とお泊り♪」

B子「A子とC子とバカやる一日!!笑」

C子「イツメン(A子B子)で騒いでる笑」

こういうツイートで溢れるTL。私も過去に何度もA子、B子、C子と色々な所へ行ったりしていますが、そういうときに限ってはこの類のツイートは無し。もうこの時点で私は「ああ、私はお荷物なのだな」という思考回路が出来上がっています。

さらにはA子、B子、C子のプロフィール画像が同じプリだったりすると、さらにお察しになります。完全に私がアカン子なのです。もし私がアカン子でなかったとしても、アカン子と思ってしまう回路が頭の中で出来上がっています。

彼女たちとはLINEでも繋がっていました。

中心人物であるA子と特に親密にさせてもらってたのですが、彼女のLINEの回数が半端ないんです。食事中だろうがトイレで気張ってようが寝てようがお構いなし。寝てるときは流石に無視してたけど。

さらには、タイムラインに表示される明らかな未[アッー!]年飲酒の投稿。おいお前、と。おいお前そんな事するのか、と。しかもA子B子C子そろい踏みで。

ある日、そういう関係に嫌気が差してきました。

そう、ブチっとしたくなったのです。

人間関係を切ろうとする心

この時、不思議にもワクワクしていた自分がいました。

ああ、やっと解放される。もっと早くこうしておけばよかった、と。

この時に切ったのは、LINEとTwitterだけです。彼女たちとはお互いの家を行き来したり、電話もメールも知っています。4年弱の付き合いがSNSの不通のみで終わるとは思えなかったのです。

結果、分かったのは「人はSNSの不通のみで現実の人間関係を終わらせられる」ということでした。正直甘く見てましたが、私の事を彼女たちはチンケな存在として認識していたんだな、と分かったので良しとしました。

もう止めたい!

彼女たちの場合は呆れてものも言えない性格に見えてしまったのでブチブチしたのですが…。今まで円滑な関係を続けてきた人たちとも、ちょっとしたきっかけで関係を切ってしまいます。

私は数か月後から新たな生活が始まります。その事を考えると、少し人付き合いに慣れておかないとならない、と思ったのです。

もしも、何かの間違いで(!)仲良く出来る人が見つかった際は、この過去の失敗を繰り返さないようにしなければならない。そう感じた次第です。