はんぴき

明日から本気出す(出さない)

たまに見る映画は生活の刺激になる

やっぱり映画館がいい

今日、とある映画のサウンドトラックを借りてきた。

きっと、星のせいじゃない。

きっと、星のせいじゃない。

  • アーティスト: サントラ,ザ・レディオ・デプト,アファシ&フィルスィ,レイ・ラモンターニュ,バーディー,リッキ・リー,M83,バーディー&ジェイムズ・ヤング,エド・シーラン,ジェイク・バグ,グループラヴ
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2015/01/28
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 

大好きな映画の一つで、CDを聴いた瞬間に泣きそうになった。

そして、この「The Fault In Our Stars(きっと、星のせいじゃない。)」が最後に見た映画。劇中歌に好きな歌手の曲が使われているという情報があったので、試写会に何となく行ったらボロボロになって帰るという大変面白かった映画。

映画といっても、様々な種類のものがある。アクション、SF、コメディ、アニメ…。たくさんの映画を見るけれど、結局巡り巡って泣ける恋愛モノとかが欲しくなったりする。何だかんだ言って泣けるやつが好きなのかもしれない。

見終わって、余韻に浸れるのも映画館のいいところだ。DVDだとエンドロールはキュルキュルと早送りしてしまうけれど、映画館だとなぜか全部見てしまう。その後に続きがあるかもしれないから。エンドロールが終わるのを待つ間、流れる曲と共にモヤモヤとストーリーの続きを考えたりするのも楽しい。

今話題になっているフォースなヤツとかも面白いけどね。映画館ならではの迫力のあるサウンドとスクリーンは、自宅では味わえないし。

映画自体は結構気になっていて、新作の情報もチェックしたり。見に行く時間も有り余るほどあるので見に行けばいいんだけど…、ついつい面倒くさがって行かないことがほとんど。本当は50 Shades Of Greyも見たかったのに原作本読んだら満足しちゃって結局見ていない。Amazonでポチろうと思ってリストに追加するも、千円近く値下げしていたのに気づいたら定価に戻っていて何となく買ってない。

この他にも、ノーマンが出ているAIRを未だに買っていない。こちらは日本では発売されていないので(春に日本でも発売されるよ。)海外から仕入れているネット通販などで購入しなければならない。本当はAmazonマケプレとかで買った方が手数料もかからないからいいんだけど…。日本の人がやっているサイトがあるだけでも感謝しないとね。

そして、今年春公開の「Triple 9」も非常に見たい。しかしながら、こちらも日本での公開は予定されていない…ハズ。もちろんノーマン出演作。映画見るためにひとっ飛びなんて人、居たりするのかしら。

やりたいことリストに映画館で映画を見るを追加しておこうかしら。