はんぴき

明日から本気出す(出さない)

メガネデブスがインド人にナンパされた話

インド人の話はよく聞くが、まさか自分が体験するとは思わなかった。しかもメガネでブス、おまけにポッチャリ体型の私が…。

とあるギャラリーで展示がありまして、ちょっとしたおひとりさまのお出かけを楽しんでいました。ギャラリーは最寄駅の北にあり、駅をはさんで南側に大き目の商業施設があります。商業施設には県内唯一の大型書店が入っているため、そこにも行きたかったんですね。

ちょうどその日は、お気に入りの作家さんの新刊発売日。

世界のニュースなんてテレビだけでわかるか!ボケ!!…でも本当は知りたいかも。

世界のニュースなんてテレビだけでわかるか!ボケ!!…でも本当は知りたいかも。

 

 

お前はまだグンマを知らない 4巻

お前はまだグンマを知らない 4巻

 

作家買い

グンマはギャラリーで買ったから、さくらさんのだけだー!ちゃっちゃと買って帰るぞー!と鼻息荒く新刊コーナーを見るも、あの緑の表紙が見当たらない。

その書店は店内に「本探すよ」端末があちこちに設置されているので、指示に従って作者名を入力。すると、在庫はあるけどどこに置いてあるかは分からないので店員に聞いてね☆という無責任な答えが。う~ん、とりあえずレシートを印刷して店員に聞こう。そう思って無責任端末とにらめっこしていると、背後から

「スミマセ~ン」

と、声をかけられた。振り向くとオッサン外国人。アジアっぽい顔つきで、インドあたりだと勝手に見当をつけた。

「何でしょう?」人見知りなのに、外出時はムダにコミュ力ある風に装う私。

「ア~、●●の花火ってドコから上がるノ?知ってる?」と聞かれるも、私はこのあたりはよく知らないので、とりあえず携帯で調べながら話を聞く。

結局どこで打ちあがるのかは分からず、ごめんね~駅に観光案内所あるから近いしそこで聞いてきて~と話を終わらせようとすると

「エ~、じゃあ今日空いてル?

…オッサン今なんて言った?

今日一緒に行こうヨ!

うわ、これめんどくさいヤツだ!!

とりあえず「今日はムリ!行けない!予定あるんだよね!!ハハッ!」と全否定するも、

エー、でもサー、アナタ可愛いし私のタイプなんだよネー!」知らねーよ!!

「(私の着ていた服を指さして)コレ可愛いネ!ネコちゃんだネ!」もう着られないだろ!!

今日がダメなら明日は?」タヒんでも行かないです!!

とにかく人の話を聞かないオッサン。実にメンドクサイ。

オッサンとは結構話した。というより、花火なんてどうでもいいんじゃないかっていうぐらいにモーレツなアタックだった。

オッサンも流石に可能性を感じ取れなくなったのか、

「エーじゃあサ、電話番号書いておくから電話シテヨ!」とおもむろに綺麗な紙を取り出し自分の電話番号をスラスラと書いて、私にひょいと渡した。

私の名前はフ●リだよ!」いや聞いてないですし

あなたの名前ハ?

絶対に教えたくないので手を横にこれでもかと振った。

じゃあイツデモ電話してネ!!

と、嵐、もといオッサンはピューっと去って行った。

…凄い疲れたんですけど。

 

……あれ?これって私の初ナンパじゃないか?

 

祝・初ナンパ!---2015年8月8日、某書店にて---

 

絶対嫌だ。ナンパされたのに嬉しくない。私のオアシスである本屋を汚された気分だ!!本屋は出会いの場じゃねーよ!!今すぐ記憶から消し去りたい!

-----------------------

という事件がありました。

速攻帰宅し、家族にお土産話として話すことが出来ましたまる。

ただ、今思うとオッサンには一つ感謝しなければいけないことがあります。

 

私は自分に自信が全くありません。デブだしメガネだし可愛くないしほとんど引きこもりだし友達いないし…自分で書いててうわぁって思うけど。

そんな私にオッサンは「可愛い」「タイプなんダヨ」とお前の眼は節穴かと言いたいほど甘い言葉をかけてくれました。

こんな私でも、特定の人には好きと言ってもらえることをオッサンは私に伝えてくれたと考えれば、オッサンには感謝しないといけないと思って

 

おりません!!!

オッサンありがとう…とちょっと思った時間もあったけどやっぱり嫌だ!!ちょっと考えちゃった自分が恥ずかしい!!

ということで、あのあたりに生息する可愛い子ちゃんたちは、フ●リというナンパオッサンにはぜひとも気を付けて生活していただきたいと思います。

 

あ、連続更新が止まった理由はこの日とてつもなく疲れて赤さんのように寝まくったからです。 

おわり

P.S. ↑の本の作家さんであるさくらさんの著書では、このようなめんどくさいインド人のお話が面白おかしく書かれています。このインド人を想像すると、フ●リもやっぱりインドの人なのかなぁと思えます。恐るべしインド人。