読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はんぴき

明日から本気出す(出さない)

Pretty Woman

昨晩、プリティーウーマンが放送されていたので途中からだけど見てみたよ。今更かよって思う人はいいんだけど、もし見てない人が居たらぜひWikiをチェックしてみてくださいな。

さて、ちょっと話がそれるけれど、何だか最近ストレスで四六時中お腹は痛いし理由もないのにイライラして、それでまたお腹が痛くなってっていう悪循環な生活を送っていたんだ。

原因はいろいろあるんだけど、そのうちの一つがツイキャスで偶然にも()嫌いな人の放送を見つけてしまったんだ。それからというもの、とりあえずその人を通知リストに入れ(バカ)、放送の通知が入るとひたすら潜り(バカ)、結果お腹が痛くなる(バカ)というもはや自分が原因だろという行動をここ数日繰り返していたのよ。しかもその人が一日に何回もやるもんだから、通知だけでもストレスを感じて正直なお腹はキリキリと悲鳴をあげていたわけで。

…で、本題に戻る。

プリティーウーマンといえば曲が有名だよね。


Roy Orbison-Oh Pretty Woman (with lyrics) - YouTube

だけど、知っているのは曲だけで内容っていうのは全く分からないから気になったわけだ。雑に言えば、コールガールをやってた子が(ジュリア・ロバーツ)、どうにかこうにかあって(見逃した)超大企業の社長(リチャード・ギア)に一週間つきっきりになる契約を交わし、その間に色々あって…みたいなTHEシンデレラストーリーというか、女の夢がギッチリミッチリ詰まってるみたいな、そんなお話。

内容自体はそんなに難しい話ではなく、終始楽しめる映画。でも、誰もが夢を持てる・元気になれるという意味で何回も見たいと思った映画だった。

所々のちょっとステキなチッス()シーンとか、最後の最後とか、ああいうところにキュンとするのはどこの国でも同じなんだろうなあ、きっと。って、見てない人からしたら何が何だか分からないよね。

でもね、見終わった後、謎の高揚感に包まれて「ああ、ちゃんと生きてればいいことあるんだな」って思えてその夜はグッスリ寝られたのよ。さらに言えば、翌朝から↑の音楽がずっと脳内で「デデデデデーン」とひたすら鳴り響いている。これは今もだけど。

映画っていうのは本なんかと同じで、良い物に出会えると人生が少し変わると思う。私のように、一日だけでも変われると、以前進むべきだった道ではなく、それよりも少しいい道を進めるんじゃないかなと思う。そして、それが少しずつ積み重なっていけば、もしかしたら思いもよらない素晴らしい方向へも行けてしまうんじゃないかとも思う。

さあ、皆さん。映画を見ましょうぞ。

 

では、また~。