読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はんぴき

明日から本気出す(出さない)

いざ、東京鈍行旅 --旅する彫刻--

どうも、約二年ぶりに県外へと脱出した私です。

鈍行の電車も、とても楽しかった。疲れたけれど、人間観察ほど面白いものはない。人の話を盗み聞きして、脳内で相槌を打つのも楽しい(ぼっち)。

今回の旅の目的は、母のブロ友さんのお友達(遠い…)はしもとみおさんの個展「旅する彫刻」を見に行く!ということで母に同行した。写真は撮ったがアップはさすがにアレなので、ぜひリンク先を覗いてみてほしい。それから↓を読んでもらうとより私の感動が伝わると思う。

--------------------------------

母から名前と「ユニクロのCMに出てたわよ」という情報くらいしか知らされなかったんだが、ギャラリーに着くと目に飛び込む動物の彫刻たち。はしもとさんのワンちゃん「月くん」のほぼ実物大の彫刻を始め、チンパンジーや猫、ブルドッグフェネック…さらには中指の長さくらいの小さな二匹の猫ちゃん、かと思えば、あれ、「バナナマン」に似てるぞ…?などなど、本当にさまざまな動物の彫刻たち。

聞くと、おさわり&写真撮影OKということだったので恐る恐る指先でなでなでし、記念撮影をしてきてしまった。さわるとやっぱり彫刻なんだけど、どこか「本当は動くのでは」と思ってしまうくらい愛らしいのだ。特に、ブルドッグディエゴ君は本当に「今動いた」と感じてしまった。どの子も目がキラキラと輝いていて、それだけで命がそこにあると認識してしまう。

ギャラリーの雰囲気も暖かく、私たちの少し後に入ってきたサラリーマンらしき男性の「スケッチいいですか?」の質問にも「全然かまいませんよ~」と。はしもとさんのファンなのかなぁ~なんてほんわかしてたら本の展示コーナーをもくもくと読み「これって販売してないんですか(涙)」と悲しみの声が聞こえてきた。そんな彼のその後のほんわか行動が少し気になりつつギャラリーを後にした。

「旅する彫刻」展はこちらのギャラリーで6月20日まで開催中。ぜひ、ほんわかしに行ってみてはいかがでしょうか。

今回は個展の話。次回は移動中の話でも…。

では、また。