読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はんぴき

明日から本気出す(出さない)

久々の過呼吸たまんねぇ

おっす、GW(がっつりウィーク)のおかげで0.5kgプラスになった私だ。

(昔の)田舎者は東京に染まっても

東京に染まっても田舎者には変わらねぇぜ。といっても、年齢的に限られてると思うんだけどさ。まだネットというものが普及していない時代にティーンエイジャーだった人達は、日本の中心、流行の発生地こと東京という街に憧れを抱く訳ですよ。そして、生まれ育った街を『こんな田舎なんて』といった悲しい心情もさらに憧れを加速させてしまい…

という伯母が居ます。残念です。このGW、その伯母もとい田舎者はもちろん帰省してきました。

語録その1:たかがスタバ

帰省して早々、伯母はスタバに並ぶ老若男女たちを目にします。そして一言、『たかだかスタバにこんなに並ぶの~?(笑)』と鼻で笑うのです。 ご存知の通り、田舎にスタバが出来ると都会ぶりたい田舎者たちは皆一様にスタバに行きます。ドライブスルーも使いこなします。が、そんなスタバフィーバーも今や過去の話で、私が住む地域の3km圏内に3店舗できました。田舎者もスタバの注文方法にはいい加減慣れてきた頃合いですよ、伯母さま。

語録その2: アメリカはさ~

伯母はフロリダに留学した経験があります。とはいえ、それはもう約30年も前の話であり…。しかし、私が少し『ヘロー(Helloと言うのが個人的にブームだった)』というだけで過剰な反応を示し、「英語の相手出来るわよ」だの「向こうで仮免取った」だの、私のヘローからボロボロと30年前のフロリダ情報を仕入れることが出来ます。もちろん、望んでいません。寧ろ、ちょっとした情報なら私の方が新鮮さが段違いですよ。しかもグローバルでっせ、まったく。

語録その3: 東京はさ~

はい、これ。これこそ田舎者丸出しです。都会人ぶってるんでしょうが、これこそ田舎者です。伯母は現在東京駅から歩いて数分の会社に勤めているらしく、ひたすらその事を話題にしてきます。さらには、夕焼けだんだんな場所を拠点に生活しているらしく「テレビに出てたあの店は近いわよ」的な感じの誰も聞いていない情報を教えてくれます。

最大の汚点

私の顔や立ち姿は伯母と瓜二つなのです。伯母の母、兄も一様に私を見て「似てるなあ」「歩く姿がそっくりなのよ、笑っちゃうわ」などと話すのは私には丸聞こえなんだよ!!最近のダイエットはそうした汚点を少しでも少なくするために始めたのです。

今日も伯母は私達家族の空気をごちゃごちゃにかき混ぜて、かき混ぜて、結局私は久々の過呼吸を発動させてしまいました。そんな私はバカです。せっかくの休日が台無しになってしまいました。小さい頃はよく遊んでもらったのですが、いつからか伯母の本性に気付き、近寄らなくなっていきました。

ああいうタイプの人はほんっっっっっっっとに苦手です。無理して付き合っても良いことひとつもありません。いいように利用されて終わりです。

と、今後の教訓を未来の私のために書いておく。オメーの老後の面倒なんて見ないからなーーーー!!!!!!!